キャンプ 野栗キャンプ場

キャンプツーリング(2017年11月@群馬)−滝のそばのキャンプ場

11月第2週の週末。

山の紅葉は終わってしまい。里山あたりが紅葉です。

今回はSNSのお知り合い(Qさん)とキャンツーに行ってきました。

出発は雨。

待ち合わせ時間から逆算して、6時30分ぐらいに出発。

ちなみに前日の雨雲予報はこんな感じ。

新潟県全域で雨。

当日は、ちょっと雨脚が緩んでいたものの、やっぱり雨でした・・・。

高速に乗る前に、ガソリンスタンドで給油&レインウェアの確認して高速に乗って待ち合わせ場所へ。

トンネルを抜けると快晴

小千谷付近で雨脚強くなるものの、ひた走って、関越トンネルと抜けると、

ほとんど雨は止んで、赤城PAではこのとおり快晴。

このあと、関東にいる間、天気が崩れることなく、ツーリング日和の天気のままでした。

高崎玉村スマートIC降りてすぐの道の駅玉村宿で無事合流。

いざ、キャンプ地へ

挨拶して、一休み後、早速出発。

この日の予定は、キャンプ場に直行して、のんびりキャンプの予定。

途中、ガソリン給油&スーパーでお買いもの。

その後は、Qさんの先導でキャンプ場のある上野村へ。

秋なのに桜咲いてます

途中、神川町付近では、冬桜が咲いてました。

周囲紅葉でも、桜。

いいもの見れました。

 

その後は、ダムや渓流沿いの結構気持ちのいい道。

お昼ごはんは、道の駅 万葉の里。

この後はキャンプで、飲んで食っちゃ寝する予定なので、軽くきつねそばを頂きました。

昼食後、再びキャンプ地へ。

野栗キャンプ場

山間の集落を抜けると、キャンプ場の受付、野栗食品到着。

ここで、受付簿に住所と氏名を記載し、1泊500円を支払って、許可証のタグを受け取ります。

お店の人は、いつもはそうでもないけど、今年は11月に入ってもお客さんが来るね〜。と行ってました。

私達が到着時点で11人目。この日はその後も5人ほどキャンパーが来ました。

このお店は食料品が売ってました。野菜やアイスも売ってましたが、アルコールは置いてませんでした。

先に仕入れておいてよかったです。

お酒がいらない人や、とくに食事にこだわりがない人なら、ここの食材だけでもキャンプできるかもしれません。

 

キャンプ場はここからちょっと川沿いを進んだところにあります。

こちらが、今回のキャンプ地、野栗キャンプ場(別名 竜神の滝キャンプ場)。

川沿いに3段のサイトがありました。

今回は、炊事棟のある中段の川沿いに設営。

ちょうど、紅葉の始まった紅葉の下で渓流を眺める位置で設営し、早々に飲み始めました。

ほろ酔い気分で、奥にある竜神の滝へ。

竜神の滝。

意外と立派な滝でした。

地名からの「野栗キャンプ場」と滝のそばだから「竜神の滝キャンプ場」というように2つの名前があるようです。

夏は水遊びができそうですが、ブユとか出るんでしょうか。

両脇がすぐ山なので、まだ3時過ぎなのですが、夕暮れのように日陰。

滝を見た後は、まったりキャンプタイムへ。

(続く)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です